蜂の子 食べる

蜂の子は何処に行けば食べる事ができるの?
Line

蜂の子は何処に行けば食べる事ができるの?


蜂の子は何処に行けば食べる事ができるのかと言うと、蜂を食べる習慣のある地域に行く事です。

具体的には、長野県、岐阜県、愛知県、静岡県、山梨県、栃木県、岡山県、宮崎県などでは、まだ郷土料理として蜂の子が親しまれているようです。

特に、岐阜県の東濃地方では「へぼ料理」と呼ばれていて、クロスズメバチの蜂の子を食しますが、その他にも蜂の巣の大きさを競うコンテストも開催されています。

岐阜県の東濃地方は海から遠く、魚に代わるタンパク質が豊富に含まれている、蜂の子が昔から親しまれていたのです。

同じように、海から遠い各地域の山間部では、貴重なタンパク源として蜂の子が食用とされていました。

Line

蜂の子は日本以外でも食べるってホント?


蜂の子は日本以外でも食べると言うのは、ホントです。

タイやメキシコ、エクアドル、中国でも、日本と同じように貴重なタンパク源として蜂の子が食べられていました。

また、ルーマニアでは蜂に関する商品が日常的に販売されていて、今でも健康食材として購入する事ができますし、タイの一流ホテルでもメニューとして並んでいるほどです。

ちなみに、中国では蜂の子が最高級の滋養強壮食品として理解され、不老長寿の作用があると漢方薬の原料としても利用されていました。

日本以外の多くの国でも、蜂の子が健康食材として認められて、食べられているのですね。

Line

蜂の子はどんな調理法で食べるの?


蜂の子はどんな調理法で食べるのかと言うと、次のような方法があります。

甘露煮
・佃煮
・素揚げ
・炒める
・炊き込む
・生食

市販されている蜂の子の多くは、甘露煮や佃煮になっています。

醤油と砂糖で甘辛く煮る料理法ですが、保存食にもなりますのでとても便利です。

ご飯に混ぜると、とても美味しくなります。

素揚げすると、外側がカラッとしてお酒のおつまみにオススメです。

炒める場合は、醤油と砂糖でもいいのですが、バターで炒めるとまた違った味が楽しめます。

炒めた蜂の子とお米を一緒に炊き込むと、岐阜県の東濃地方の郷土料理である「ヘボめし」となり、静岡県の藤枝市岡部地区では、蜂の子を入れた炊き込み御飯を「はえはちめし」と呼んでいるようです。

生でも食べる事はできますが、寄生虫が不安なようであれば、熱を加えて調理しましょう。

蜂の子自体の味は、クセがなく淡白で、中がとろっとしていて上品なレバーのようだとも言われています。

ただ、見た目にどうしても抵抗があるようでしたら、形が分からなくなっているサプリなどで摂取するといいですね。

Line