蜂の子 ローヤルゼリー

蜂の子とローヤルゼリーにはどんな違いがあるの?
Line

蜂の子とローヤルゼリーにはどんな違いがあるの?


蜂の子とローヤルゼリーにはどんな違いがあるかと言うと、蜂の子が蜂の幼虫であるのに対し、ローヤルゼリーはたんぱく質を主体とする乳白色の物質です。

ローヤルゼリーは、女王バチを育てる為に、働きバチが頭部にある腺から分泌する「えさ」であり、非常に高い栄養価があります。

ミツバチの中でも、女王バチだけが食べる事ができる為、大変貴重な存在です。

蜂の子は、名前の通り蜂の子供です。

この幼虫の中に、豊富な栄養素がバランスよく含まれています。

人間の体内では作る事のできない、必須アミノ酸も含まれていて、健康食品として人気です。

中国では、2000年以上も前から蜂の子のパワーは知られていて、今では漢方薬の原料としても使用されています。

このように、同じ蜂の巣から取り出されるものですが、蜂の子とローヤルゼリーには、明確な違いがあります。

Line

ローヤルゼリーを摂取するなら蜂の子を摂取した方がいい?


ローヤルゼリーを摂取するなら蜂の子を摂取した方がいい、とは限りません。

それは、中に含まれている栄養素に微妙な違いがあるからです。

もちろん、ローヤルゼリーも蜂の子も、豊富な栄養素が含まれているのは確かですので、毎日の健康を維持する為には、どちらを摂取してもいいでしょう。

ただ、ローヤルゼリーが女王蜂の為だけのエサである事から、その効果も女性にとって嬉しいものが挙げられます。

具体的には、ホルモンバランスを整えて、更年期障害を改善したり、生理周期を整えてくれたりします。

また、美肌効果や白髪の改善にも効果を発揮してくれます。

このようなピンポイントでの効果を期待するのであれば、ローヤルゼリーの摂取をおすすめします。

自分の身体に必要な栄養素は何か、どんな効果を期待しているのか、といった事を考えて、蜂の子かローヤルゼリーかを選ぶようにしましょう。

Line

蜂の子とローヤルゼリーではどちらがアンチエイジングに効果的なの?


蜂の子とローヤルゼリーではどちらがアンチエイジングに効果的なのかと言うと、それは蜂の子です。

もちろん、ローヤルゼリーにも抗酸化作用があり、老化したお肌を若々しくしてくれる効果はあります。

けれど、アンチエイジングには、肌を再生してくれるタンパク質が欠かせない栄養素となります。

そして、このタンパク質を体内で合成するのが、アミノ酸なのです。

蜂の子とローヤルゼリーのアミノ酸の含有量を比較してみると、アミノ酸の総量では、ローヤルゼリーの約3.3倍も蜂の子の方が多くなっています。

また、最も含有量の差が大きいものでは、「グリシン」と言うアミノ酸で11倍も多く蜂の子の方が含まれています。

必須アミノ酸の含有量からみても、アンチエイジング効果を期待するのであれば、蜂の子を摂取した方がより効果が期待できるでしょう。

Line